即PATは地方競馬の馬券も購入可能!ただし注意点もあり!

地方競馬

即PATは中央競馬だけではなく、地方競馬のレース馬券も買うことが可能です。
ここで両方の競馬場の馬券がネットで買えるとなると非常に便利なものです。

しかし、地方競馬での購入は、注意しなければならないことが3つ存在します。

・即PATは中央競馬だけではなく地方競馬のレース馬券も購入できる!
・即PATで地方競馬の馬券を買う3つの注意点
・即PAT以外の投票ネットサービスについて

今回は、即PATについての注意点、他の投票ネットサービスについてお話していきます。

即PATは中央競馬だけではなく地方競馬のレース馬券も購入できる!

即PATは中央競馬だけではなく地方競馬のレース馬券も購入できる!

この即PATは中央競馬だけではなく、地方競馬であるレース馬券も購入することが可能です。
即PATはJRAが運営を携わっております。

多くの人は、中央競馬の馬券を購入する時に使用している人がほとんどです。
しかし、即PATは地方競馬もこの即PATで購入している人も多数存在しています。

即PATを中央競馬の馬券購入ですでに使用している人は、最初から手続きをしなくても、すぐに地方競馬の馬券を買うことができます。

ちなみに、即PATの会員であれば地方競馬ネット投票の全発売日、A-PAT会員であればJRA開催日に、地方競馬のダートグレード競走の他、別の競馬レースの馬券も買うことができます。

即PATで地方競馬の馬券を買う3つの注意点

即PATで地方競馬の馬券を買う3つの注意点

即PATで地方競馬の馬券を買う注意点は、以下の通りです。

・即PATで地方競馬の全てのレース馬券を買うことはできない
・即PATにて地方競馬の馬券を買うことができない曜日が存在する
・「ばんえい競馬」は即PATでは購入不可

これらのことについて詳しく説明していきます。

即PATで地方競馬の全てのレース馬券を買うことはできない

即PATなら、地方競馬の全てのレース馬券をここで買えると思っている方が結構いると感じられます。

しかし実際、買えない馬券も一部存在します。
それは、その日にちによって異なっております。

全てのレース馬券を購入できる日はいくつか設けられています。
しかし、前半戦に行われるレース馬券しか購入できない日もあります。

例で言うと、2020年9月5日にて
・盛岡で1~9レース
・高知で1~5レース
・佐賀で1~6レース

この時のレース内容でしか、馬券を買うことが不可でした。

ただし、2020年9月8日だったら
・金沢
・大井
・佐賀
・門別

これらのレース馬券を買うことは可能でした。

他にも、門別もしくは園田は全てのレース馬券を買うことができますが、大井のみは1レースから11レースの馬券だけで、その後のレースは購入できない時も・・・。

このようにレースによっては、購入できる・できない馬券がそれぞれあります。
そこら辺のことも、しっかりと理解して馬券を購入してください。

地方競馬は基本的に大きなレースの時は、10レース、11レースなど後半戦に行われます。
そういう日のレース馬券が購入できない時もあります。

その他に、11レースの馬券は買えたけど勝負に惨敗してしまい、次の12レースに勝負を賭けてみようと思った時、即PATにてその馬券を購入することができなかった・・・ということもよくあります。

なので最初、どのレースの馬券を買えるのかしっかりと把握してから、目的の馬券を購入した方が計画的に競馬を楽しむことができると判断します。

即PATにて地方競馬の馬券を買うことができない曜日が存在する

即PATで地方競馬のレース馬券を購入できる・できない曜日が存在しています。

基本的に、月曜日・金曜日は地方競馬の馬券を購入することが不可能です。
その曜日は、メンテナンス中のため馬券を購入することができません。

しかし祝日だったら、月曜日もしくは金曜日でも馬券を購入することが可能です。

事実、2020年9月21日は月曜日でその日は祝日でした。
この時、即PATから地方競馬の馬券が買える状態でした。

平日だったら、月曜日・金曜日は馬券を購入することができません。
しかし、祝日であれば馬券を購入することができます。

なので、祝日で仕事がお休みのこの曜日なら、馬券が買えるということをしっかりと頭に刻んでおきましょう。

ちなみに、即PATで地方競馬の馬券を購入できる日にちは、JRAのホームページに記載してある「発売レース一覧」からチェックすることができます。

「ばんえい競馬」は即PATでは購入不可

北海道で開催している「ばんえい競馬」は、即PATで馬券を購入するのは今のところ不可能です。

基本、即PATはそれぞれの地方競馬の馬券を買うことは可能です。
しかし、ばんえい競馬は馬券の購入に関して言うと、それは取り扱いをしていません。

なので、もしばんえい競馬の馬券を買いたいのであれば即PATではなく、別のネット投票サービスを使って馬券を購入するようにいたしましょう。

即PAT以外の投票ネットサービスについて

即PAT以外の投票ネットサービスについて

即PATでは上記に書いてある通り、地方競馬のレース馬券が買えない曜日・レース内容が存在しています。

しかし、どうしてもこの曜日に馬券を買いたい!このレース内容の馬券を買いたい!という時は、他の投票ネットサービスを使って馬券を購入するようにしましょう。

即PAT以外で、地方競馬の馬券が購入できる投票ネットサービスは2つ存在します。
それは「SPAT4」と「楽天競馬」の2つのサービスになります。

SPAT4は対応可能な銀行が11個も存在しています。
この中に既にその銀行口座を持っている方は、すぐに会員登録してSPAT4のサービスを受けることができます。

楽天銀行の口座は持っていないけれど、ここで対応している他の銀行口座を持っているという方は、SPAT4でサービスを受けた方が手っ取り早いでしょう。

ちなみに、SPAT4は楽天銀行でも対応することができます。

ただ、ポイント還元に関しては0.5%からとなっているため、ポイントがたくさん欲しいと思っている方は、そこはあまり期待しない方がいいでしょう。

楽天競馬はポイント還元がとにかく高いです。
地方競馬であってもポイント還元率が高く、お得に馬券を購入することができます。

ポイント還元率は1%からですが、レースによっては3倍もしくは4倍、最大でもなんと10倍のポイント還元が用意されています。

ちなみに、このポイントは「楽天スーパーポイント」として使用することができます。
また、3万ポイントを越えれば「JCBギフトカード」や、競輪の車券と購入することが出来る「デルカポイント」と交換することができます。

どちらの投票ネットサービスも無料会員で実施することができ、馬券を買えば買うほどポイントもついてきます。
こちらのネットサービスもお得感満載なので、ぜひ利用してみてください。

個人的に、どちらがおすすめかといえば、楽天競馬の方がおすすめです。

こちらは上記で記載した通り、ポイントの還元率がかなり高めです。
競馬をよくする方にとっては、ここで馬券を購入していくとポイントがどんどん貯まっていく一方です。

ただ、SPAT4もここでしか受けれないサービスも存在しています。
どちらが良いかは自分で調べて、自分が合っていると思う方を選択してください。

まとめ

まとめ

今回は即PATについての注意点、他の投票ネットサービスについてお話させていただきました。

即PATでは、地方競馬のレース馬券が購入できる、できない曜日が存在しています。

即PATは月曜日と金曜日は、地方競馬のレース馬券を購入することが不可能です。
その曜日は、メンテナンス中のため馬券を購入することができません。
しかし祝日だったら、月曜日もしくは金曜日でも馬券を購入することが可能です。

即PATは地方競馬の全てのレース馬券を購入することはできません。

実際、買えない馬券も一部存在しています。
それは、その日にちによって異なっています。
全てのレース馬券を購入できる日も存在しますが、前半戦に行われるレース馬券しか購入できない日もあります。

北海道で開催している「ばんえい競馬」は、即PATで馬券を購入するのは今のところ不可能です。

即PATは、いろんな地方競馬の馬券を買うことが可能です。
しかし、ばんえい競馬は馬券の購入に関して言うと、それは取り扱いをしていません。